【天鳥船神(アメノトリフネ)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

天鳥船神(アメノトリフネ)

【天鳥船神(アメノトリフネ)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

古事記に登場する『天鳥船神(アメノトリフネ)』をちび神さまのにぎこのが詳しく紹介していきます。

『天鳥船神(アメノトリフネ)』を主祭神とする神社やご利益、どのような神話に登場してどんな神さまたちと関わりがあるのかを、お伝えいたします。

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

大切な誰かに送りたい!にぎ・この公式LINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

神社本庁HP

古事記「天鳥船神(アメノトリフネ)」とはどんな神さま?

にぎ:『このさん、このさん、古事記に登場する神様のお話をしてもいい?』

この:『今日はどんな神さまのお話を聞かせてくれるの?』

にぎ:『今日はね、天鳥船神(アメノトリフネ)の話をしたいんだ。古事記では、この神様が楠の木で作られた岩のように堅固で、速く進む船を持っているんだよ。つまり、楠の木でできていて、非常に頑丈で、速さも際立っているんだね。』

この:『楠の木で作られた船って、自然とのつながりが感じられて素敵ね!でも、光速級ってどういうこと?』

にぎ:『まあ、実際には光速ではないけど、古事記の中では非常に速いとされているんだ。高天原と地上を行き来するために使われるんだよ。』

この:『それじゃあ、まるで神話の世界のスペースシャトルみたいね。』

にぎ:『その通り!実はこの船、国譲りのエピソードで大きな役割を果たしているんだ。タケミカヅチがオオクニヌシに国を譲るよう求めた時、天鳥船神が副使として活躍したんだよ。』

この:『国譲りの話ね、聞いたことあるわ。でも、天鳥船神が出てくるのは古事記独特の話なのね。』

にぎ:『そうなんだ。古事記と日本書紀では、同じ話でも細部が違うことがよくあるんだ。まるで神話版のマルチバースみたいだよね。』

この:『面白いわ、それぞれの記録で少しずつ異なるなんて。』

にぎ:『そしてね、この天鳥船神、戦いではなく、まるでタケミカヅチを運ぶタクシードライバーのような役割を担っていたんだ。』

この:『なんてユニークな役割なの。』

にぎ:『そして、蛭児という神産みの際に生まれた困った子を流した船も、実は天鳥船だったんだよ。』

この:『蛭児についても聞きたいわ。でも、天鳥船神がいろいろなエピソードに登場しているのね。』

にぎ:『ええ、そうなんだ。この船で高天原を行き来するなんて、なんだかロマンチックだよね。』

この:『本当に夢があるわ。にぎさんの話、いつも楽しみよ。』

にぎ:『ありがとう、このさん。次回は、もっと面白い神話の話を探しておくね。』

この:『楽しみにしてるわ!』

この形で、会話は天鳥船神の神話とその意義、そして楠の木を用いた船の話を通じて、自然や環境への関連を織り交ぜています。これにより、古事記の興味深いエピソードを掘り

「天鳥船神(アメノトリフネ)」のご利益

☤交通安全 ☤航海安全 ☤旅行安全 ☤水運守護

「天鳥船神(アメノトリフネ)」は、日本神話に登場する神で、古事記に名を見ることができます。特に、物語や伝承においては、天鳥船(あめのとりふね)という神聖な船を操る神として知られています。この船は、神々が高天原と地上を行き来する際に使用されたとされ、その速さと堅固さから、非常に特別な存在として描かれています。

天鳥船神のご利益としては、直接的な記述は少ないですが、伝承や神話から類推することが可能です。以下の点が考えられます:

  1. 安全な旅行と航海の守護:天鳥船神が操る天鳥船は、神々を安全に運ぶ船として描かれています。そのため、現代においては、旅行や航海の安全を願う際に参考にされることがあるかもしれません。この船の神話は、旅の安全と成功を願う人々にとって、心強い存在であることを示唆しています。
  2. 障害の克服:天鳥船は神々が使用する際、障害を乗り越えて目的地へと導く船とされています。したがって、人生の困難や障害を乗り越え、目的を達成したいと願う人々に対して、天鳥船神は励ましや支援を象徴するかもしれません。
  3. 繁栄と発展:天鳥船神が関与する物語には、しばしば繁栄や豊かさがもたらされるシーンが含まれています。このため、事業の成功や個人の発展、豊かな生活を求める際に、天鳥船神のご利益を願うことがあるかもしれません。
  4. 自然との調和:天鳥船が楠の木で作られているという点は、自然への敬意や調和の重要性を示唆しています。自然環境を大切にし、その恵みを受けながら生きることの大切さを、天鳥船神は教えてくれるかもしれません。

神話や伝承におけるご利益は、直接的なものよりも象徴的な意味合いが強いです。天鳥船神に対する信仰や崇敬は、これらの象徴的な意味を通じて、人々の心に寄り添い、支援を与えるものと考えられます。

古事記「天鳥船神(アメノトリフネ)」出演作品

「オオクニヌシの国造り」

フトダマとともに太占(ふとまに)を行い、天岩戸前で祝詞を奏上した。

神話を読む➡【古事記】第13話「オオクニヌシの国造り」

古事記「天鳥船神(アメノトリフネ)」関わり深い神さま紹介

大国主神(オオクニヌシノカミ)

高天原にいる神様の総元締のアマテラスに対し、地上世界にいる神様の総元締。

神さまを知る➡大国主神(オオクニヌシノカミ)とは?

建御雷之男神(タケミカズチ)

イザナギがカグツチを斬った時の血から生まれた剣の神様。

神さまを知る➡建御雷之男神(タケミカズチ)とは?

天照大御神(アマテラス)

アマテラスは高天原(天界)の最高神と言われる太陽の女神様です。

神さまを知る➡天照大御神(アマテラス)とは?

【天鳥船神(アメノトリフネ)】を主祭神とする神社紹介

「住吉大社」

古くは摂津国 (せっつのくに=大阪府北西部と兵庫県南東部を占める旧国名) の中でも、由緒が深く、信仰が篤い神社として、「一之宮」という社格がつけられ、人々に親しまれてきました。

昭和21年までは官幣大社であり、全国約2300社余の住吉神社の総本社でもあります。

住吉大社HP
〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目 9-89
TEL : 06-6672-0753 FAX : 06-6672-0110

『息栖神社』

息栖神社は牧歌的な水郷情緒あふれるところ古く寂かな森の中に鎮まります。

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)香取神宮(千葉県香取市)とともに東国三社(とうごくさんじゃ)と呼ばれ古くから信仰を集めてきました。

関東以北の人は伊勢に参宮したのち禊ぎの「下三宮巡り」と称して
この三社を参拝したといいます。

久那斗神(くなどのかみ)を主神とし相殿に天乃鳥船神(あめのとりふねのかみ)住吉三神を祀っております。

息栖神社HP

〒314-0133 茨城県神栖市息栖2882

息栖神社社務所 TEL:0299-92-2300

【にぎこの】紹介

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

にぎ・この公式InstagramLINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

にぎこの公式ライン

にぎこのブック

にぎこの公式グッツ

マツタケと行く~記紀日記~➡GO

まとめ

❖どんな神さま

➡船と海上運輸を司る神、あるいは神々が乗る船。

❖ご利益は

➡☤交通安全 ☤航海安全 ☤旅行安全 ☤水運守護

❖出演してるのは

『オオクニヌシの国造り』

❖お祀りされている神社

➡『住吉大社』『息栖神社

❖にぎこのって?

【チビがみ様】『にぎ』&『この』プロフィール完全紹介!

これからは日本が世界が閑散とした時代になってしまうかもしれません。

少しホッとして、笑いも驚きもある私たち日本人の原点ストーリー『古事記』を知り、あなたの近くの神社の意味を知ることで、ココロに少しだけでも余裕を持って暮らしていけたらいいな~と思い、このサイトを作りました。

このサイトから興味を持って、もし少し詳しく知りた方へおすすめの本を紹介します。

最新情報をチェックしよう!
>【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

日本では赤ちゃんが生まれると、神様に「感謝」を伝えるため「お宮参り」に出かける風習があります。 そこでは、神さまの言い付けで、赤ちゃん一人ひとりに守り神「ちび神さま」がもれなく付いてきます。 この物語は、赤ちゃんとちび神さまの『にぎ』と『この』が織りなす、にぎやかな日常をハートフルに描いた作品です。 新米かみさまの糞闘ぶりを楽しんでください。

CTR IMG