月夜命(ツクヨミ)

古事記【月夜命(ツクヨミ)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

月夜命(ツクヨミ)
月夜命(ツクヨミ)

古事記【月夜命(ツクヨミ)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

【おみくじ】の本当の使い方?!知ってますか?

古事記に登場する『月夜命(ツクヨミ)』をちび神さまのにぎこのが詳しく紹介していきます。

『月夜命(ツクヨミ)』を主祭神とする神社やご利益、どのような神話に登場してどんな神さまたちと関わりがあるのかを、お伝えいたします。

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

大切な誰かに送りたい!にぎ・この公式LINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

神社本庁HP

古事記「月夜命(ツクヨミ)」とはどんな神さま?

にぎ: このさん、このさん、古事記の神さまの話をしてもいい?

この: もちろん、にぎさん。どの神さまのお話ですか?

にぎ: 今日は月夜命(ツクヨミ)のお話をしようかな。

この: 月夜命?それって月を司る神さまですよね?

にぎ: そうそう、その通り!古事記や日本書紀に登場するんです。天照大神の兄でもあるんですよ。

この: なるほど、天照大神とはどんな関係なのでしょうか?

にぎ: ある日、天照大神と素戔嗚尊(スサノオ)が口論になり、天照大神は天岩戸に隠れてしまったんです。そこで月夜命が登場して、天照大神を慰めようとしたんですよ。

この: それでどうなったのですか?

にぎ: 月夜命は天照大神のもとに行って、月の美しさを紹介したんです。それで天照大神は喜んで天岩戸から出てきたんです。

この: なるほど、月の美しさって本当に心を落ち着かせる力がありますよね。

にぎ: そうですね。月夜命のおかげで、天照大神も元気を取り戻したんですよ。

この: 月夜命って、すごく優しい神さまですね。

にぎ: そうですね。彼の優しさと美しい月の姿が、天照大神を元気づけたんです。

この: なんだか感動的な話ですね。月夜命のこと、もっと詳しく知りたいです。

にぎ: わかりました!次はもっと深く掘り下げてお話しましょうね。

この: はい、楽しみにしています!

にぎこのクッションを見てみる➡

『月夜命(ツクヨミ)』ご利益

これからはおみくじを飾る?!【おみくじ立て】とは➡

1. 穏やかな心と感受性の向上

月夜命は月の神であり、その存在は穏やかな夜を象徴しています。彼に敬意を払うことで、心の平穏や感受性が向上し、日常生活が豊かになるでしょう。

2. 自然との調和と豊かな実り

古事記に登場する月夜命は自然と深い繋がりがあります。彼を崇敬することで、自然との調和が生まれ、豊かな実りや幸運が訪れるかもしれません。

3. 芸術と美的センスの向上

月夜命は美しさや神秘を司る神でもあります。彼に祈りを捧げることで、芸術的な才能や美的センスが向上し、新たな創造性が芽生えることでしょう。

4. 人間関係の円滑化と調和

月夜命の神話には家族との関わりも描かれています。彼を信仰することで、家族や友情、恋愛において調和が生まれ、円滑な人間関係を築く助けとなるでしょう。

5. 精神的な浄化と新たなスタート

月は常に変わり続ける象徴でもあります。月夜命に祈りを捧げることで、精神的な浄化が促され、新たなスタートや希望が生まれることでしょう。


おみくじ立て【ミチシルベ】紹介

この:「ねぇ、にぎさん。おみくじって神社の境内に結んで帰る風習があるけど、本当は持ち帰った方がいいって知ってた?」

にぎ「ええ、知らなかったよ。どうして持ち帰った方がいいの?」

この:「おみくじは吉凶を判断するだけじゃなくて、そこに書かれている内容を今後の生活の指針にするためのものだからなの。何度も読み返して、その年の『ミチシルベ』として活用するためにも、持ち帰るといいんだって。」

にぎ「なるほど、確かにそれなら持ち帰って役立てたいね。でも、どうやって保管すればいいの?」

この:「そこでおすすめなのが、この『ミチシルベ』というおみくじ立てなの。北欧家具などで使用されるウォールナット材やビーチ材を使っていて、すごくおしゃれで丈夫なのよ。」

にぎ「それは興味深いね。どんなデザインなの?」

この:「直径45mmの丸型で、高さ10mm、重さ約10gと小さくてシンプルなデザインなの。上部に30mmの切り込みが入っていて、おみくじを差し込めるようになってるの。自然塗料を使って白木の素材感を活かした仕上がりだから、どんな場所にもマッチするんだ。」

にぎ「どんな場所に置けるの?」

この:「神棚や玄関、デスク、キャビネットなど色々な場所に置けるの。そして、いつでも簡単に自分の運勢を確認できるんだよ。」

にぎ「それは便利だね。持ち帰ったおみくじをしっかり保管して、いつでも見返せるのはいいな。」

この:「そうなの。『ミチシルベ』を使って、おみくじを生活の中で活かしてみてはどうかな?日本の伝統文化を身近に感じられるし、運勢を常に意識して行動する助けになるよ。」

にぎ「それは素晴らしいアイデアだね。僕も『ミチシルベ』を使ってみたくなったよ。」

神社のおみくじをお守りに!【ミチシルベ】|高品質ウォールナット材/おみくじ立て/北欧/木材/置物

おみくじを飾る??【おみくじ立て】とは➡

古事記「月夜命(ツクヨミ)」出演作品

古事記の魅力的な神話を一章から読んでみる➡

にぎこのお守り缶バッチ➡

「三貴志」

神話を読む➡【古事記】第7話「三貴志」アマテラス・ツクヨミ・スサノオ登場

古事記「月夜命(ツクヨミ)」関わり深い神さま紹介

古事記に登場する神さま一覧➡

須佐之男命(スサノオ)

『八岐大蛇退治(やまたのおろちたいじ)』で有名な神話の中のスーパーヒーロー。

神さまを知る➡須佐之男命(スサノオ)とは?

天照大御神(アマテラス)

アマテラスは高天原(天界)の最高神と言われる太陽の女神様です。

神さまを知る➡天照大御神(アマテラス)とは?

伊邪那岐(イザナギ)

日本のお父さんとお母さんも言える男女の神様です

神さまを知る➡伊邪那岐(イザナギ)|古事記で活躍!ご利益も紹介します。

【月夜命(ツクヨミ)】を主祭神とする神社紹介

にぎこのマグカップを見てみる➡

⽉読宮皇大神宮(内宮)別宮」

ご祭神は「月読尊(つくよみのみこと)」。

彼は天照大御神の弟神で、外宮にある別宮である「月夜見宮」のご祭神と同じです。

名前の「月読」は「月を読む」とも記され、これは月の満ち欠けを教え、暦を司る神であることを示しています。

神社には右から「月読荒御魂宮(つくよみあらみたまぐう)」、次に「月読宮(つくよみのみや)」、その次に「伊佐奈岐宮(いさなきのみや)」、最後に「伊佐奈弥宮(いさなみのみや)」の四つの別宮が並んで鎮座しています。

そして、一般的には「月読宮」から始めて順番にお参りするのが一般的です。

月読尊は月の動きや変化を教えてくれる神様で、彼にお祈りすることで自然の美しさや季節の移り変わりを感じることができます。

お祭りやお参りの際には、この素敵な神様に感謝の気持ちを伝えてみましょう。

⽉読宮皇大神宮(内宮)別宮HP
住所|伊勢市中村町742-1

Googleマップ

『月山神社』

出羽三山は、出羽の国を東西に分ける山で、羽黒山、月山、湯殿山の3つの山があります。

昔は山が怒っていて、何度も火山が噴火しましたが、今は静かで、自然が元気になりました。

地元の人たちはこの山を不思議な存在と感じ、おじいちゃんやおばあちゃん、そして昔の家族の霊魂が住んでいると信じています。

推古天皇元年(593ねん)に、蜂子皇子が出羽に来て、羽黒山の阿古谷で修行をして「いはのかみ」という神様が出てきました。

それで、出羽神社ができたのが「御開山の年」で、蜂子皇子は「御開祖(ごかいそ)」と呼ばれています。

出羽三山は「はぐろはこしゅげんどう」という修行する場所で、1400年以上も「秋のみねいり」など、大変な修行が続いています。

山は神聖な場所で、五穀豊穣や大漁などを祈る「せいち」です。

昔は神道と仏教が混ざっていましたが、今は神道がメインです。

でも、出羽三山神社では今も「はぐろはこしゅげんどう」を大切にしていて、いろんな宗教の影響が残っています。

出羽三山の信仰は、信じる人に神様のおかげを分けてくれます。

山はやさしい存在で、「信じること」が大切です。

月山神社HP

〒997-0292 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7 

TEL:0235-62-2355  FAX:0235-62-2352

Googleマップ

【にぎこの】紹介

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

にぎ・この公式InstagramLINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

にぎこの公式ライン

にぎこのブック

にぎこの公式グッツ

マツタケと行く~記紀日記~➡GO

月夜命(ツクヨミ)まとめ

どんな神さま
➡ 月の満ち欠けや夜の神秘を司る存在

ご利益は
穏やかな心と感受性の向上 自然との調和と豊かな実り 芸術と美的センスの向上

人間関係の円滑化と調和 精神的な浄化と新たなスタート

出演している神話は
➡ 『三貴志

お祀りされている神社
➡ 『⽉読宮皇大神宮(内宮)別宮』『月山神社』。

❖にぎこのって?

【チビがみ様】『にぎ』&『この』プロフィール完全紹介!

このサイトでは、日本が閑散とした時代に向かう中、『古事記』の原点ストーリーに触れ、笑いや驚きを共有し、近くの神社の意味を知りたいと思います。

ココロに余裕を持って生きるために、日本人の原点に迫ります。

もし興味を持った方に向けて、『古事記 神様』、『古事記 神話』、『古事記 神社』に関する詳しい情報をおすすめの本でご紹介します。

ぜひ、日本の文化や歴史に触れながら、新しい発見を楽しんでください。

月夜命(ツクヨミ)
最新情報をチェックしよう!
>【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

日本では赤ちゃんが生まれると、神様に「感謝」を伝えるため「お宮参り」に出かける風習があります。 そこでは、神さまの言い付けで、赤ちゃん一人ひとりに守り神「ちび神さま」がもれなく付いてきます。 この物語は、赤ちゃんとちび神さまの『にぎ』と『この』が織りなす、にぎやかな日常をハートフルに描いた作品です。 新米かみさまの糞闘ぶりを楽しんでください。

CTR IMG