古事記

【倭姫命(ヤマトヒメ)】伊勢神宮を作った?|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

古事記

【倭姫命(ヤマトヒメ)】伊勢神宮を作った?|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

古事記【倭姫命(ヤマトヒメ)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

古事記に登場する『倭姫命(ヤマトヒメ)』をちび神さまのにぎこのが詳しく紹介していきます。

『倭姫命(ヤマトヒメ)』を主祭神とする神社やご利益、どのような神話に登場してどんな神さまたちと関わりがあるのかを、お伝えいたします。

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

大切な誰かに送りたい!にぎ・この公式LINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

神社本庁HP

古事記「倭姫命(ヤマトヒメ)」とはどんな神さま?

にぎ:「このさん、このさん、古事記に登場する神様のお話をしてもいい?今日は、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)について話したいんだ。彼女は第11代垂仁天皇の皇女で、伊勢神宮の創設者として知られているんだ。」

この:「今日はどんな神さまのお話を聞かせてくれるの?倭姫命って、どんな神様なんだろう」

にぎ:「倭姫命は、伊勢神宮に天照大神を祀る重要な役割を果たした神様で、彼女の旅は日本中を巡る長いものだったんだ。最終的に五十鈴川のほとりで天照大神のお告げを受け、そこを神社の場所と定めたんだよ。」

この:「それはすごいわね。倭姫命にはどんな挑戦があったの?」

にぎ:「倭姫命の旅は簡単ではなかったよ。多くの困難と挑戦に直面しながらも、彼女は神々の導きに従い、最終的に伊勢神宮を創設したんだ。彼女の信仰心と決断力は、今日でも多くの人々に尊敬されているよ。」

このさん:「彼女の物語から学ぶべきことは何かしら?」

にぎ:「倭姫命の物語は、信仰心と強い意志、そして目標に向かって進むことの大切さを教えてくれるんだ。彼女は自然との調和を重んじ、神々と人々との間に橋渡しをした素晴らしい存在だよ。」

この:「なるほど、倭姫命の物語は本当にインスピレーションを与えてくれるわ。」

にぎ:「その通りだよ、この。古事記に登場する神様たちの物語を通じて、我々は多くの価値ある教訓を学ぶことができるんだ。これからも、もっと多くの神話を一緒に探っていこう。」

倭姫命のご利益

これからはおみくじを飾る?!【おみくじ立て】とは➡

家内安全
倭姫命は、天照大神の御神体を伊勢の地に祀りました。天照大神は、日本の最高神であり、家内安全の守り神として信仰されています。そのため、倭姫命を参拝することで、家内安全のご利益を授かると言われています。

子宝
倭姫命は、日本武尊の東征の際に、草薙剣を授けたことでも知られています。草薙剣は、子宝の神様として信仰されています。そのため、倭姫命を参拝することで、子宝のご利益を授かると言われています。

病気平癒
倭姫命は、伊勢神宮の創建の旅の途中で、さまざまな病気に苦しむ人々を助けたと言われています。そのため、倭姫命を参拝することで、病気平癒のご利益を授かると言われています。

古事記「倭姫命(ヤマトヒメ)」出演作品

古事記の魅力的な神話を一章から読んでみる➡

「倭姫命(ヤマトヒメ)のご巡幸」

神話を読む➡【古事記】21話|「ヤマトヒメのご巡幸」

古事記「倭姫命(ヤマトヒメ)」関わり深い神さま紹介

古事記に登場する神さま一覧➡

ヤマトタケルの武勇伝

神さまを知る➡ヤマトタケルとは?

天照大御神(アマテラス)

アマテラスは高天原(天界)の最高神と言われる太陽の女神様です。

神さまを知る➡天照大御神(アマテラス)とは?

【倭姫命(ヤマトヒメ)】を主祭神とする神社紹介

「伊勢神宮」

およそ2000年前、垂仁天皇の時代から五十鈴川のそばにある皇大神宮は、皇室のご先祖様を祀っています。そして、その中でも特別な存在として、我々国民から総氏神のように敬われているのが天照大御神です。

内宮に入るための宇治橋を渡り、玉砂利が敷き詰められた長い参道を歩いていくと、そこは神聖な場所、神域と呼ばれています。

この場所では、「心のふるさと」とも言われる、日本の原風景が広がっています。昔ながらの風景や自然の美しさが、皇大神宮を訪れる人たちを迎えてくれるのです。

伊勢神宮HP
住所|三重県伊勢市宇治館町1
Googleマップ

『皇大神宮別宮 倭姫宮(伊勢神宮 内宮)』

倭姫命をお祀りする場所には、内宮の一部として「倭姫宮」という神社があります。

倭姫命は、今の場所に神社をつくった神様とされ、そのおかげで倭姫宮が建てられました。

この神社は、大正12年に建てられた新しい神社です。

倭姫命のすばらしい功績をたたえて、人々がここでお祈りをしています。

倭姫宮は、日本の歴史や文化において特別な存在で、多くの人が訪れています。

別宮倭姫宮HP

住所〒516-0014 三重県伊勢市楠部町5
電話番号0596-24-1111(神宮司庁)

Googleマップ

【にぎこの】紹介

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

にぎ・この公式InstagramLINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

にぎこの公式ライン

にぎこのブック

にぎこの公式グッツ

マツタケと行く~記紀日記~➡GO

「倭姫命(ヤマトヒメ)」まとめ

どんな神さま
➡ 第11代垂仁天皇の第四皇女

ご利益は
➡ ・家内安全 ・子宝 ・病気平癒

出演している神話は
➡ 『倭姫命(ヤマトヒメ)のご巡幸』

お祀りされている神社
➡ 『伊勢神宮』『皇大神宮別宮 倭姫宮(伊勢神宮 内宮)』

上記の情報をブログで見やすくまとめました。

❖にぎこのって?

【チビがみ様】『にぎ』&『この』プロフィール完全紹介!

このサイトでは、日本が閑散とした時代に向かう中、『古事記』の原点ストーリーに触れ、笑いや驚きを共有し、近くの神社の意味を知りたいと思います。

ココロに余裕を持って生きるために、日本人の原点に迫ります。

もし興味を持った方に向けて、『古事記 神様』、『古事記 神話』、『古事記 神社』に関する詳しい情報をおすすめの本でご紹介します。

ぜひ、日本の文化や歴史に触れながら、新しい発見を楽しんでください。

古事記
最新情報をチェックしよう!
>【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

日本では赤ちゃんが生まれると、神様に「感謝」を伝えるため「お宮参り」に出かける風習があります。 そこでは、神さまの言い付けで、赤ちゃん一人ひとりに守り神「ちび神さま」がもれなく付いてきます。 この物語は、赤ちゃんとちび神さまの『にぎ』と『この』が織りなす、にぎやかな日常をハートフルに描いた作品です。 新米かみさまの糞闘ぶりを楽しんでください。

CTR IMG