天宇受売命(アメノウズメノミコト)

【天宇受売命(アメノウズメノミコト)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

天宇受売命(アメノウズメノミコト)

古事記【天宇受売命(アメノウズメノミコト)】|古事記での活躍!ご利益も紹介します。

おみくじの本当の使い方?!知ってますか?

古事記に登場する『天宇受売命(アメノウズメノミコト)』をちび神さまのにぎこのが詳しく紹介していきます。

『天宇受売命(アメノウズメノミコト)』を主祭神とする神社やご利益、どのような神話に登場してどんな神さまたちと関わりがあるのかを、お伝えいたします。

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

大切な誰かに送りたい!にぎ・この公式LINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

神社本庁HP

古事記「天宇受売命(アメノウズメノミコト)」とはどんな神さま?

天宇受売命(アメノウズメノミコト)とは

にぎ:「このさん、このさん、古事記に登場する神様のお話をしてもいい?」

この:「今日はどんな神さまのお話を聞かせてくれるの?」

にぎ:「今回は天宇受売命(アメノウズメノミコト)の話をしようか。彼女は、ある重要な瞬間に、神々を笑わせて天照大御神を天の岩戸から連れ出すことに成功した女神なんだ。」

この:「天の岩戸って、何のこと?」

にぎ:「ああ、それはね、天照大御神が世界を暗闇に包んでしまうほどの隠れ場所に入ってしまった事件のこと。その時、天宇受売命は神々の前で踊り、それがとてもユニークで面白かったんだ。そのおかげで、天照大御神が岩戸の外に出てきて、再び世界に光が戻ったんだよ。」

この:「天宇受売命は、どんな踊りを踊ったの?」

にぎ:「彼女の踊りはね、現在の神楽のルーツとも言われていて、芸能の神としても信仰されているんだ。彼女が示したのは、笑いや喜びの力って、実はとても大きなものなんだってこと。」

この:「それって、すごく素敵な教えね。」

にぎ:「そうだね。そしてね、この話には自然や環境につながる面白い側面もあるんだ。天宇受売命の踊りは、自然を愛し、その美しさを讃える日本古来の芸能の象徴なんだ。私たちの周りの木々や森林は、そういった文化の源流ともいえる場所。」

この:「自然を大切にすることが、古事記の神話からも学べるんだね。」

にぎ:「まさにその通り。天宇受売命の物語は、自然との繋がりや、それを通じての人間の営みの大切さを教えてくれるんだ。だから、私たちも日々の生活で自然を大切にし、その恵みに感謝しながら生きていきたいね。」

この:「うん、本当にそう思うわ。天宇受売命のように、私たちも周りを明るくしていこうね。」

にぎ:「そうだね、このさん。古事記の神々の物語は、今の私たちにも大切なメッセージを残しているんだよ。」

『天宇受売命(アメノウズメノミコト)』ご利益

これからはおみくじを飾る?!【おみくじ立て】とは➡

1. 穏やかな心と豊かな人間関係
アメノウズメノミコトは神話に登場する女神で、その存在は穏やかで調和のとれた心を象徴します。彼女の神聖なエネルギーは、心の平安をもたらし、人間関係を円滑にし、コミュニケーション力を向上させます。

2. 豊穣と繁栄の象徴
天宇受売命は豊穣の女神としても知られています。彼女への信仰は豊かな収穫や繁栄をもたらすとされ、農業や事業の成功に導くと信じられています。仕事やプロジェクトにおいて成功を望む方にとっては特に有益です。

3. 美と芸術の神聖なサポート
美と芸術にも関連するアメノウズメノミコトは、芸術家やクリエイティブな仕事に従事する人々にとって、創造性と芸術的な洞察力を高める手助けとなります。美しいものへの感性を磨き、芸術的な才能を引き出します。

4. 積極的な新しい始まり
古事記において天宇受売命は新たな始まりの神としても描かれています。彼女の神聖な力は新しいスタートや変化を迎え入れ、ポジティブなエネルギーで未来を切り拓く助けとなります。

具体的には、以下のような願い事に対してご利益があるとされています。

  • 歌手、俳優、ダンサー、芸人、ミュージシャンなど、芸能関係の仕事で成功したい
  • 笑顔を絶やさず、明るく楽しい人生を送りたい
  • 家族や友人と仲良く、幸せな家庭を築きたい

天宇受売命を祀る神社には、芸能人や芸能関係者が参拝する姿も多く見られます。また、天宇受売命の神像や絵馬には、笑顔を浮かべた姿が多く描かれています。

天宇受売命のご利益を授かりたい方は、天宇受売命を祀る神社に参拝したり、天宇受売命をモチーフとしたお守りなどを身に着けたりするとよいでしょう。

古事記「天宇受売命(アメノウズメノミコト)」出演作品

古事記の魅力的な神話を一章から読んでみる➡


天宇受売命(アメノウズメノミコト)は、古事記に登場する神話に複数登場しています。

その中でも、最も有名な神話は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸に隠れた際に、天岩戸の前で踊り、神々を笑わせ、天照大御神を岩戸から連れ出すことに成功した神話です。

この神話は、古事記の「天の岩戸の開き」という段落に記されています。天照大御神は、弟の須佐之男命(すさのおのみこと)が天岩戸に隠れた際に、怒って天の岩戸に隠れてしまいました。

その結果、世界は闇に包まれ、人々は苦しみました。

そこで、天宇受売命は、天の岩戸の前で、胸を露わにし、裳帯を臍の下に垂らして踊りました。

その踊りは、あまりにも奇抜で、神々は思わず笑ってしまいました。

その笑い声が天の岩戸に届き、天照大御神は岩戸から顔を出しました。

天照大御神は、神々が笑っていることを見て、岩戸を開け、世界に光を取り戻しました

。この神話は、笑いや喜びの大切さを教えてくれるものとして、古くから人々に愛されてきました。

また、天宇受売命は、天孫降臨(あまのすこおり)の際にも登場します。

天孫降臨とは、天照大御神の孫である邇邇芸命(ににぎのみこと)が天から地上に降り立った神話です。

邇邇芸命は、天の岩戸の際に天宇受売命と出会い、彼女の導きによって天降りました。

天宇受売命は、邇邇芸命の道案内をしたり、天の八衢(やちまた)で猿田毘古神(さるたひこのかみ)の名を明かしたりしたと言われています。

さらに、天宇受売命は、天照大御神の妹神である須勢理毘売命(すせりびめのみこと)の化身とも言われています。須勢理毘売命は、天照大御神の妹神であり、芸能の神としても信仰されています。

このように、天宇受売命は、古事記のさまざまな神話に登場する重要な神です。彼女は、芸能の神として、また、笑いや喜びの大切さを教えてくれる神として、古くから人々に愛されてきました。

天岩屋戸』

フトダマとともに太占(ふとまに)を行い、天岩戸前で祝詞を奏上した。

神話を読む➡【古事記】第9話「アメノウズメとアメノタジカラ」オモイカネも忘れずに!

天孫降臨』

ニニギが天孫降臨する際に同行した。

神話を読む➡【古事記】14話「天孫降臨」アマテラス様よりご指名入りました!孫の邇邇芸命です。

古事記「天宇受売命(アメノウズメノミコト)」関わり深い神さま紹介

古事記に登場する神さま一覧➡

邇邇芸命(ニニギノミコト)

アマテラスに命じられ天孫降臨した神様で当サイトにぎこのの【にぎ】です!

神さまを知る➡邇邇芸命(ニニギノミコト)とは?

思金神(オモイカネ)

思慮深く、多くの知恵を持ち、高天原の知恵袋ともいえる存在です。

神さまを知る➡思金神(オモイカネ)とは?

天照大御神(アマテラス)

アマテラスは高天原(天界)の最高神と言われる太陽の女神様です。

神さまを知る➡天照大御神(アマテラス)とは?

【天宇受売命(アメノウズメノミコト)】を主祭神とする神社紹介

千代神社

千代神社は、芸能の神として信仰される天宇受売命を主祭神とする、日本最古の神社の一つです。境内には、天宇受売命の神像や、天岩戸の神話にちなんだ「扇おみくじ」などがあります

千代神社HP

所在地〒522-0081 彦根市京町2丁目9-33
電話0749-22-1237

アクセス

出雲大社

出雲大社は、天宇受売命を配祀神とする神社です。

境内には、天宇受売命の神像や、天岩戸の神話にちなんだ「天宇受売命の舞」などがあります。

出雲大社HP

〒699-0701
島根県出雲市大社町杵築東195 出雲大社社務所

Googleマップ

【にぎこの】紹介

【神話・神様】総まとめ➡GO!!

にぎ・この公式InstagramLINEスタンプ

ちび神さまとは!?【にぎこの】プロフィール紹介!!

にぎこの公式ライン

にぎこのブック

にぎこの公式グッツ

マツタケと行く~記紀日記~➡GO

天宇受売命(アメノウズメノミコト)まとめ

どんな神さま
➡ 芸能の神

ご利益は
穏やかな心と豊かな人間関係 豊穣と繁栄の象徴 美と芸術の神聖なサポート 等

出演している神話は
➡ 『天岩屋戸』『天孫降臨

お祀りされている神社vivid
➡ 『出雲大社』『千代神社

上記の情報をブログで見やすくまとめました。

❖にぎこのって?

【チビがみ様】『にぎ』&『この』プロフィール完全紹介!

このサイトでは、日本が閑散とした時代に向かう中、『古事記』の原点ストーリーに触れ、笑いや驚きを共有し、近くの神社の意味を知りたいと思います。

ココロに余裕を持って生きるために、日本人の原点に迫ります。

もし興味を持った方に向けて、『古事記 神様』、『古事記 神話』、『古事記 神社』に関する詳しい情報をおすすめの本でご紹介します。

ぜひ、日本の文化や歴史に触れながら、新しい発見を楽しんでください。

天宇受売命(アメノウズメノミコト)
最新情報をチェックしよう!
>【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

【にぎとこの】~ずっときみのそばに~

日本では赤ちゃんが生まれると、神様に「感謝」を伝えるため「お宮参り」に出かける風習があります。 そこでは、神さまの言い付けで、赤ちゃん一人ひとりに守り神「ちび神さま」がもれなく付いてきます。 この物語は、赤ちゃんとちび神さまの『にぎ』と『この』が織りなす、にぎやかな日常をハートフルに描いた作品です。 新米かみさまの糞闘ぶりを楽しんでください。

CTR IMG